okara0421’s blog

読書と日常を徒然なるままに

オリンピックを見て思うこと

平昌オリンピックももう後半戦。

そんなにスポーツファンではないけれど、

やはりオリンピックて素晴らしいと素直に思います。

冬期のオリンピックの中で

一番古い記憶のものは長野オリンピック

小学校でみんなでテレビをみて、

あの日の丸飛行隊が金メダルを取ったとき、

小学生ながらにとてもとても感動しました。

f:id:okara0421:20180217231936j:plain

 

このときは日本勝てて嬉しい!!みたいな単純な気持ちだったけど、

大人になってみるオリンピックは

選手の方々が、色んな物を犠牲にして、

苦しい時を乗り越えて、

そんななかで結果を出す姿に、

感動するという言葉では足りないくらいの感情になります。

 

だって、スポーツ選手って

周りがカラオケ行ったり、ケーキバイキング行ったり、

授業さぼる方法考えている10代の頃から

練習の日々を送っていて、

遊びたい気持ちとか押し殺して、

人生を掛けて自分の競技に望んでいるんだもんな。。

 

そして、もうこれ以上無いってくらい努力しても

結果が必ずでるとは限らない。

努力しきって結果がでないときって

なんだか自分の限界を知ってしまいそうで怖いから

本当は努力なんて100%しない方で言い訳してた方が楽何だと思う。

 

でも、それでも自分の最大限の努力をして

これ以上出来ないくらいやる生き方の方が

結果がたとえでなくても

素敵何だと思う。

 

 

オリンピック選手ほどは努力をする才能も気力も体力もないけれど

私も私のできる最大の努力をして

もうこれ以上ないと思える生き方をしたいと思います。

 

 

 

 

 

体調不良

オフィスにいたら急に寒気に襲われて

具合が悪すぎて

3連休というのに

どこにも行けない。。

 

頭痛薬飲んでも

頭が痛いのが治らないし

食欲無いし

何もやる気も起きない

 

最近全てがつまらなくて

どうすればいいのだろう。。

 

これも体調不良だからなのかな

 

 

銀河鉄道の父

小学生のころ教科書に載っていた宮沢賢治作「やまなし」の一説

クラムボンはわらつたよ。」
クラムボンはかぷかぷわらつたよ。」

の意味が分からなくて、きっと宮沢賢治って変な人なんだと思ってました。

しかもこの後、

クラムボンは死んだよ。」「クラムボンは殺されたよ。」って出てくるし。。

クラムボンって結局正体不明なんだ、、、

 

小学生のとき授業で「クラムボンは何だと思いますか?」っ考える授業があって

私の答えは大人受けを狙って

 

 

「太陽」

その心は

蟹さんが水の中過ごしていて

晴れている日はクラムボンはピカピカ光って水辺に反射されるし

雨の日はクラムボンは見えなくなってしまうから。

 

まぁまぁ担任に褒められた記憶が有ります。

 

 

 

クラムボンの正体もわかるのかなと思い、

読みました。

f:id:okara0421:20180204224944j:plain

第158回直木賞受賞作「銀河鉄道の父」

恥ずかしながら、宮沢賢治が質屋のお金持ちな家庭で育ったことを知りませんでした。「雨二モケズ」の有名な詩は

「一日ニ玄米四合ト味噌ト少シノ野菜ヲタベ」の部分から

なんだか貧乏くさいと思っていて、

きっと貧しい暮らし故にこの詩を書いたのだと勝手に思っていました。

(ハズカシイ汗)

 

この本を読んで

裕福中ていで育ち、

いい歳をしても親からお金をせびっていてた人間だからこそ

農民の姿に感銘し

自分の本当にやりたいことがなかなか見つからず、もがいていたからこそ

「慾ハナク 決シテ瞋ラズ イツモシヅカニワラツテイル」

という思いが出て

そして体もあまり強くないからこそ

雨ニモマケズ 風ニモマケズ 雪ニモ夏ノ暑サニモマケヌ丈夫ナカラダヲモチ」

って願ったんだなーと。

そして、なにより

「東ニ病気ノコドモアレバ行ッテ看病シテヤリ」

はお父さんへのリスペクトなんだと

解釈が大きくかわりました。

 

 

何事もそうだけど

人物でも物事の背景とかを知ることで

アウトプットされたモノだけから感じれることと

見方が変わってくるのだと本を読んで改めて思いました。

 

よく初対面の相手を見た目だけで判断してしまうことが

まだまだ有るのですが、

結構話して相手のことを理解すると

その人が変わって見えることって結構あるのと同じで、

本とか、映画とか、絵とか

作品を作った人のそのときの背景とか、人生をしることで

見方が変わってくるんだなーっと。

 

 

 

結局クラムボンの正体の答えは出てこなかったので、

ネットでもう少し調べてみます。

 

文系人間のためのAI論

ドナルドトランプがよく移民はアメリカ人の仕事を奪っているといか言っているけど、

なにをそんな

古めかしいことを言っているのかと思います。

 

 

世の中はAIが仕事をしてくれる世の中にシフト中なんですよー。

 

そこで今年4冊目の本はこちら。

 

 

 

 

 

「文系人間のためのAI論」

f:id:okara0421:20180131223918j:plain

 

AIがなにかというよりは、

なぜ、人間がAIの研究に勤しむのかといことが

哲学な視点で書いてあって、

本当に文系人間の為の本でとても面白かったです。

いままで知らなかった視点ものっていて

来るシンギュラリティを知るのにとても参考なります。

 

とにかく、

人類の発展にはある程度の痛みを伴わなければならないんだなーと言うのが感想。

今までも、これからも

新しいことを始める為には

痛みが伴う。これはしかたが無いことだし、

むしろ

人類はそれを求めていると言うこと。

 

 

私が生きている間にどこまで本に書いてあるような内容が

現実化するかは不明だけど、

AIには負けないなにか

魅力的な人間になるように努力し続ける必要があるのでしょうね。

 

 

 

 

君たちはどう生きるか???

流行には乗っていくタイプです。

なので、読みました!

 

 

 

f:id:okara0421:20180131221225j:plain 

はい。今年4冊目「君たちはどう生きるか

 

原作は児童小説ということ 。

小学校とか中学校で読ませているのはよくわかる感じ。

 

 

大人が読むには内容が純粋すぎる内容でした。

世の中いいことも、悪いことも

表裏一体で、

環境や時代が代われば、

考え方も変わってくることがわかってしまった大人になってしまうと

内容が純粋すぎて

そんなに学ぶことはないのかなと言う感じでした。

 

 

でも、

普遍的に代わらない

人間の本当の強さとはなにかみたいなことが

分かりやすく書いてあって、

小学生とか中学生はっ是非読むべきだなと思います。

 

 

 

 

休日

王様のブランチでLilicoが紹介していた映画。

気になって見に行ってしまいました。

「ルイの9番目の人生」

 

 

 

f:id:okara0421:20180127232706j:plain

 

つくづくミーハーである。。

でもこういうフットワークの軽さが長所である。

 

 

私もミーハーだけど、映画館は満席だったし、

きっとみんなも王様のブランチ見たんだよ!

まだまだテレビの影響力は偉大なんだと

改めて思った休日です。

 

 

 

ここからは、映画の感想。

 

なんだかサスペンスなんだけど、

ファンタジーもあって

オカルトも入ってる感じの

あんまり無いタイプの映画だったのだけれど、

話の内容は私好みで、

最後ちょっと泣いちゃったよね!

 

話の説明がちょっと雑な部分とかあったけど、

伏線が曖昧なところとかあったけど、

観に行ってよかったなー

 

もともとイギリスの小説みたいだけど、

イギリスの話って

子供から大人を見る的なの多いよね。

チャーリーとチョコレート工場とか

マチルダとか(同じ作家だけど)

私を離さないでとか

 

子供の目線で大人をどうとらえていて、

大人が思っている以上に

子供って大人のこと分かってるんだぞーとか

子供は大人の道具じゃないよーみたいな

社会風刺的な話が

アメリカとか

日本とかより

なんだか多い気がするのは気のせいかな?

調べてみよーっと。

 

 

 

 

 

今日は

いい感じのカフェも見つけられたし、

本も読めたし、

映画も見れたし

 

良き休日でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リーダー

渡辺正行がリーダって言われている理由は

昔『コント赤信号』ってグループのリーダーだったから

なんだって。

 

 

 

 

f:id:okara0421:20180119220939j:plain

はい。今年2冊目の本はこちら!

ビジネスマンのための「リーダー力」養成講座 

okaraはこれまでもリーダーシップ関連の本は結構読んできています。

自分自身、リーダーシップはないと思ってますが、

仕事ではリーダー的立場で働くことが多いのです。

 

 

この本も他のリーダーシップの本と書いてあることはだいたい同じで

格段見新しいことも無かったのですが、

定期的にこういう本を読んで考え直す切っ掛けを作るのは

やはり大切だと感じます。

 

 

リーダーとしてのあり方、考え方、行動、必要な力。

 

 

 

 

okaraは昨年まで、日本人なら誰でも知っている洋服屋さんで

店長代理的なことをしていて、

リーダーとか経営者を目指せ!!!!と会社から言われ続けてきました。

そんなこともあって

リーダーシップの本をたくさん読んでるうちに

リーダーシップってたかがスキルの問題で

ポテンシャルではないんだなと思えるようになりました。

身につければ誰でもなれる。

 

 

 

そして、どうせ会社員をしているなら

上を目指して、

自分も周りも楽しく仕事ができる環境を作り出せる立場に行きたいしね。

 

 

 

 

 

 

ちなみに、お笑い番組はそれなりに好きなんですが、

好きな芸人を聞かれたらオードリーって答えます。

過去のM1でもオードリーほど衝撃があったコンビはいないですよね!!??

(最近ネタ番組にでないので寂しいです。。。)

 

有名な話ですが、オードリーはリーダー渡辺の助言があって

売れたそうなので、リーダー渡辺尊敬します。

 

 

 

 

 

わたしも誰かの人生を良き方向に導けるような

そんな人になれるよう頑張りますよ!